FC2ブログ
   
09
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

究極のアンチエイジング


★老いを恐れた昭和の大スター



445788454.jpg

先日TVで昭和の大スター「沖雅也」の自殺の真相という内容の番組をやっていた。
彼の自殺の真相に迫っていたが、どうも「30歳を過ぎると美貌が失われるから生きていたくないような事を女優に言っていたらしい。
老いてまで生きている意味がないという内容の遺書を残して新宿副都心の高層ビルから飛び降り自殺をしたという内容だった。


※1983年(昭和58年)6月28日、「おやじ、涅槃でまつ」という遺書を残し、新宿京王プラザホテルの最上階(47階)より警備員の制止を振り切って飛び降り自殺。31歳没。
沖は20歳の時、既に死の言葉を何度も口にしていて職場の同僚に「30歳を過ぎたら俺は死ぬ。年老いて醜い姿をしてまで生きたくはない」と言っていた。


彼の30歳の時代はどんな時代だったのか身内等に聞いたりして、ちょっと考えてみた。

当時は恐らく30歳は「おじさん」と言われていたはずだ。

アイドルも寿命は短く25歳くらいでやめてしまうし、女性も23歳で結婚していなかったら「行き遅れ」と言われていた時代だ。

この時代は役者の幅も狭く、40代で主役はごくわずかで次第に父親役しか来ないという恐怖心があったのかもしれない。

当時は美容業界がそんなに発達していなかった。

「アンチエイジング」という言葉すら無い、そういう情報も無い時代だった。

彼が今の時代に生きていたら、もっと青年役の寿命も長かっただろうし、当時よりいろいろな役を演じていただろうと想像する。

整形も目の整形はメジャーだったが、皮膚の若返り整形はあまりメジャーではなかった。

今のように美容法も豊富で美を追求したいのなら、いくらでも出来ただろう。

しかし当時の芸能界と違い、今の芸能界は美も追求出来るが、自然の老いも個性として受け入れられている。

老いてもさまざまな役を演じるチャンスがある。

当時のように年齢にとらわれたり追いつめられる事は恐らくなかったかもしれない。

たとえバイセクシャルだったとしても今ならもっと生きやすかったかもしれない。

老いとどう折り合いをつけて生きていくか、という事を考えさせられた。

親戚の子以外の子供におばちゃん、おじちゃんと呼ばれる事に抵抗がなく生きていけるのだろうか?

自然の老いを受け入れて生きていけるのだろうか?

ポップカルチャーの洗礼を受けた60代以降の人は、服装も趣味も気持も少年時代とあまり変わっていず、まだ外見の老いをなんとか食い止めたいと思う人は多いのではないかと思う。

白髪が出れば染めたいし、顔のシワが少しでも出れば気になるし、お腹が出れば引っ込めたいし、服装の趣味も今更変えられないし。

努力すれば今ならまだ外見は若く保てると思っていると思います。

しかし自分が思っているよりはるかに他人には老いて見えています。

ありきたりのアンチエイジングでは限界があるし…。

究極のアンチエイジングはないものかと探してみた。




老化の最大の要因は「ケイ素」不足!



☆ケイ素

昔とくらべて、髪の毛のコシがなくなったり、顔のシワ、タルミが気になりませんか?それはケイ素が不足しているサインです。

Dr.アドルフ・プーテント教授が「生命の維持に必須のミネラル」と言ったように、ケイ素の不足が老化を促進することが近年の研究でわかってきました。

ケイ素の役割は、骨(密度)、肌の弾力とみずみずしさ、爪、髪、歯、血管の弾力性などを美しく保ちます。
骨粗鬆や顔のシミ、シワ、タルミ、乾燥肌、髪が細くなり抜ける、動脈硬化など、老化現象とあきらめていませんか?
ケイ素を十分に体内へ取り入れることによってアンチエイジングを目指しましょう。

ケイ素は、若いころには十分に体内に蓄えられていますが、加齢とともに大幅に減っていきます。コラーゲンなどは体内で生成されるものですが、ケイ素は、体内で生成されないため補給する必要があります。

ドイツの研究では、30歳以降に継続してケイ素を取り入れている人は、見た目年齢にはっきりと違いがでています。

1日に大さじ一杯が目安です。
小コップ1杯程度の水やジュースなどに加えて、お召し上がりください。ドイツではシリシアをお肌のケアやリラックス目的としてお風呂に入れたり、うすめたて肌に塗る、化粧品に混ぜる…などとしても使われています。

食品では、小麦(全粒)、じゃがいも、きび、からす麦などに多く含まれ、その他、とうもろこし、パセリ、アスパラガス、きくいも、など。
ただし、ミネラル同様に体内吸収されにくい特徴があります、全粒の穀物類や菜食を多く摂取する必要があります。



シリシア


i22555555544.jpg



シリシウム

b_13973-2.jpg





シリシウム入りクリーム
b_13970-2.jpg

その他のケイ素
http://amzn.to/16oDBkc

特に髪の毛が気になる人は始めは多めに取り入れるといいそうだ。





スポンサーサイト



theme : こんなん見つけましたvv
genre : ブログ

tag : アンチエイジングについて考える

プロフィール

Nottinghill

Author:Nottinghill
英国雑貨*Union Jack mania*ユニオンジャックマニア*です。
英国関連TV情報・英国ニュース・お店の入荷情報を発信します。
https://unionjackmania.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR